THE THORとSTORK19の比較|機能・SEO対策【収益化におすすめなのは?】

THE THORとSTORK19の機能・SEO対策を比較【収益化におすすめなのは?】- アイキャッチ画像有料テーマ

PVや収益が伸びない。と悩んでるあなた。

収益が伸び悩んでいるのは、テーマの「機能」と「SEO対策」にあるかもしれません。

もちろん、記事の質なども関係はありますが、

SEO対策が充実しているテーマを使うことで、
いまよりも収益が伸びる!なんてこともあります。

そこで、

収益化したい人向けのテーマ「THE THOR
初心者でも手に取りやすい、オープンケージ最新作のテーマ「STORK19

この2つのテーマを比較しながら紹介します!

THE THORとSTORK19の値段

まず最初に「値段」を紹介します。

THE THORとSTORK19の値段はこちらです。

テーマ値段
アルバトロス (OC)7,980円
ハミングバード (OC)7,980円
スワロー (OC)9,900円
STORK19(OC)11,000円
SANGO11,000円
AFFINGER614,800円
THE THOR16,280円
SWELL17,600円

オープンケージが出しているテーマは、4種類あります。「(OC)」と書いてあるテーマがそうです。

その中でも、最新のテーマが「STORK19」で、その値段は11,000円です。

ページの表示速度が高速で、SEO対策が充実している。
と、評判高いテーマ「THE THOR」の値段は、16,280円となっています。

圧倒的に「STORK19」のほうが手頃な価格ですよね。

STORK19に比べてTHE THORは値段が高いですが、PVや収益を伸ばす機能が充実しています。

THE THORとSTORK19の比較

テーマ選びで特に重要なのは「SEO対策」「機能」です。

もちろん、デザイン性の高さも注目ポイントです。

STORK19とTHE THORの違いは一体……。

対応しているエディター

以前は「クラシックエディター」が主流でしたが、
現在は「ブロックエディター」が主流になっています。

THE THORSTORK19
ブロックエディター対応ブロックエディター対応

THE THORとSTORK19は、
「ブロックエディター」に対応しているので、最新のエディターを使用できます。

クラシックエディターを使いたい場合は「disable gutenberg」といった
プラグインを使用することで実装できます。

SEO対策の充実度

テーマを導入したときに、
実装されているSEO対策が充実しているのは「THE THOR」です。

THE THORのSEO対策STORK19のSEO対策
メタタグ・no index
・no follow
・no snippet
・no archive
・meta description
 

no indexや

meta descriptionは

導入時は非対応

AMP対応対応対応(要プラグイン)
SEO系のプラグイン不要必要
遅延読み込み対応対応
非同期読み込み対応対応

THE THORは、テーマを導入した時点で「メタタグ」や「AMP」が実装されています。

STORK19は「メタタグ」「AMP」は実装されていませんが、
プラグインを使うことで、実装できます。

THE THORはSEO系のプラグインが必要ないのに対し、

STORK19は「メタタグ」「AMP」を使いたいときに「プラグイン」が必要なので

その分手間がかかり、ページの表示速度が遅くなりやすくなります。

STORK19のSEO対策について

STORK19にSEO対策プラグインが必要な理由は、

「テーマ変更したときにタイトルタグなどの情報が失われないようにするため」です。

テーマを変更すると、タイトルタグなどの設定がリセットされてしまいます。

しかし、SEO対策プラグインでタイトルタグなどを設定することによって、
「テーマを変更してもその情報が保たれる」というメリットがあります。

プラグインを導入する手間が少しだけかかりますが、テーマを変更をする際の手間が大きく省けます。

THE THORには、SEO対策がきちんとされているので、
SEO対策プラグインを使うと、機能が重複したりするためプラグインの導入は基本的に推奨されません。

AMPやPWAへの対応

先ほどすこし触れましたが、
「AMP」と「PWA」に対応しているかどうか、です。

特にAMPは、Googleが推奨していて、
ページの表示速度を高速化するための機能です。

THE THORSTORK19
AMP標準実装プラグインで実装
PWA標準実装非対応

AMPは、THE THORとSTORK19で実装できますが
PWAはTHE THORのみで、実装されています。

実は、PWA(サイトをアプリ化してリピート率などを上げる機能)が実装されているテーマは珍しいです。

AMPを使うことで、閲覧ユーザーの負担とストレスを解消できるので、

ページの表示速度による離脱が起こりにくくなります。

AMPを使うことで、ページの表示速度は格段と上がりますが、

AMP設定に手間がかかり機能も一部制限されるため、必ずしも使わなければいけないというわけではありません。

レイアウトとデザインについて

THE THORSTORK19
レイアウト・デフォルト
・1カラム
・2カラム
・ランディングページ
・1カラム
・フルワイド
・デフォルト
・ランディングページ
テンプレート(TPL)・お問い合わせTPL
・サイトマップTPL
・ユーザー一覧
※レイアウトと同じ
デザイン・レスポンシブデザイン
・着せ替え機能
・レスポンシブデザイン
・アイキャッチ動画

レイアウトとデザインですが、
THE THORとSTORK19で大きな違いがありますよね。

カラムは、ほぼ同じですが、
THE THORには「お問い合わせ・サイトマップ」が実装されていることと着せ替えがあること。

STORK19にはアイキャッチ動画機能があることです。

THE THORは、お問い合わせフォーム・サイトマップが実装されているので、
プラグインの導入が必要ないのが魅力です。

STORK19は、アイキャッチ動画があるので
ほかのサイトと比べて、ユーザーが見た時にひきこみやすくなります。

また、スライダーを使うことができるので、

「注目させたい記事」をスライダーに登録し、記事の閲覧数を増やして収益につなげることも可能です。

デザインカスタマイズの難易度

有料テーマには、デザインの着せ替え機能があるテーマがあり、

着せ替えがあることで、
カスタマイズの時間が大幅に短縮でき、記事を書く時間を費やせます。

THE THORとSTORK19は、

THE THORSTORK19
デザインの着せ替えありなし
着せ替えの種類9種類0種類
カスタマイズ難易度簡単難しい

このようになっています。

THE THORは、9種類の着せ替えがあるので
自分が好きなデザインにカスタマイズができます。

THE THORのデザイン例

THE THOR 着せ替え後 デザイン - 4

THE THORのデザイン・レイアウトの例です。

画像のデザインは、着せ替えを行った後のデザインです。

カスタマイザーから、着せ替えデザインの構造を組み合わせることもできるのも魅力です。

THE THORの着せ替えテンプレートは、
公式サイトでダウンロードでき、プラグインを使うことで着せ替えが可能になります。

9種類、すべてのテンプレートが無料で提供されています。

STORK19のデザイン例

STORK19のデザインはこのようになっています。

STORK19 デモサイト デザイン

着せ替えがないので、その分THE THORより難易度は上がりますが

元々がシンプルでおしゃれなので、そのままでも十分ですし、

また、シンプルがゆえに操作も簡単なので、初心者でも簡単に使うことができます。

ちなみにですが、
「テーマの購入はこちら」の部分は、光るようになっています。

アップデートにかかる金額

アップデートにお金がかかるの?と思ったあなた。
有料テーマによってはアップデートにお金がかかる場合があります。

THE THORとSTORK19は、アップデートにお金がかかりません。

1度購入すれば、無償でアップデートをし続けられます。

サポート対応の比較

サポート対応もテーマによって大きく違いが出ます。

サポートフォーラムがあるテーマや
メールサポートがあるテーマ、サポート期限があるテーマなどがあります。

THE THORのサポートSTORK19のサポート
・メールサポート
・会員フォーラム
・専用のマニュアル
・無料メールサポート

THE THORとSTORK19のサポートはこのようになっています。

THE THORのサポートは「テーマインストールの前後」で変わり、

メールサポートは「インストール前」
会員フォーラムは「インストール後」となります。

どちらのテーマもサポートが充実しているので、
不具合が起こった場合などに「無料で」対応してもらえます。

THE THORとSTORK19の比較のまとめ

ここまで紹介した比較のまとめです。

表にまとめるとこのようになります。

THE THORSTORK19
値段16,280円11,000円
SEO対策プラグイン不要プラグイン必要(メタタグ)
AMP
PWA
実装プラグインで実装(AMP)
デザインレスポンシブデザインレスポンシブデザイン
着せ替えありなし
アップデート無料無料
サポート・メールサポート
・会員フォーラム
・専用マニュアル
・無料メールサポート
メリット・SEO対策が充実
・高速化が可能
・テンプレートが充実
・カラムを変更できる
・複数のサイトで利用できる
・デザインの着せ替えができる
・値段が安い
・操作が簡単
・カラムを変更できる
・SEO対策がされている
・スライダーがある
・アイキャッチ動画が利用できる
デメリット・値段が高め
・操作が少し難しい
・カスタマイズ項目が多い
・SEO系プラグインが必要
・デザインの着せ替えができない
・複数のサイトで利用できない

SEO対策・AMPは、プラグインで実装できますが、

STORK19には着せ替えがないのが、大きな違いですね。

着せ替えがなく、SEO対策(メタタグ)がデフォルトでは実装されていない分、
STORK19の値段は「11,000円」と値段が安くなっています。

機能がシンプルで使いやすさを重視するなら「STORK19」を使うのがおすすめです。

THE THORは値段が「16,280円」で、STORK19より5,280円ほど高いですが、

「テーマを導入 → 着せ替え → カスタマイズ」を短縮して、
すぐに作業をしたい方は「STORK19」よりも機能が豊富な「THE THOR」がおすすめです。

ただし、カスタマイズの項目が多いので、すこし難易度が高いという弱点があります。

テーマを購入したあとの注意点

THE THOR STORK19 テーマ購入後注意点

有料テーマを購入したあとに、別のサイトでテーマを使用したいとき、

テーマによっては、
「1回の購入でテーマを使用できるのは1サイトまで」と決まっているテーマもあります。

THE THORでは、1度購入することで
複数のサイトを作成しても購入したテーマが使えます。

つまり、複数のサイトで使用可能、ということです。

STORK19は「1回の購入で1サイトまで」という決まりがあるので、
複数のサイトでの使用はできません。

複数のサイトでテーマを使用したい場合は、
もう1つテーマを購入するか、複数のサイトで使用できるテーマを検討しましょう。

THE THORとSTORK19|収益化に向いているのは?

THE THORとSTORK19は

機能やレイアウト・カスタマイズの難易度などが大きく違います。

収益化したい方にはどっちのテーマが、あっているのか、
個人ブログにはどっちがいいのか。

迷いますよね。

収益化するならTHE THORがおすすめ

THE THORはSEO対策が充実している点や、
収益化のための機能が豊富な点など、

検索エンジン(SEO)から、良い評価を受けやすくなるテーマです。

もちろん、SEOからの評価が上がれば
検索上位にサイトが掲載され、収益につながることも……。

また、着せ替えがあることで

「STORK19」にくらべてカスタマイズに時間がかからず、
記事を書く時間を多く確保できるのも特徴です。

STORK19は個人ブログ向け

STORK19はTHE THORに比べると個人ブログ向けといえます。

SEO対策がデフォルトだと、それほど充実しておらず、

着せ替えがないので
カスタマイズも、時間がかかってしまいます。

機能性もTHE THORのほうが高いので「収益化するという面」では、THE THORのほうがおすすめです。

しかし、STORK19はTHE THORにくらべて手頃な価格なので、

初心者でも手が届きやすく、
THE THORよりも機能がシンプルなので、操作性もいいです。

STORK19は個人サイト向けではありますが、収益化も望めます。

収益化は機能が豊富なTHE THORがおすすめ

THE THOR STORK19 まとめ

STORK19より「THE THOR」のほうが機能が豊富で「SEO対策が充実」しています。

収益化のための機能も充実しているので、

値段は高いですが、
いまよりもっと収益を伸ばしたい方には「THE THOR」がおすすめです。

「STORK19」は、SEO系プラグインやAMPプラグインを導入することで機能を発揮します。

複数のサイトで利用しないのであれば、

シンプルで使いやすく、
手頃な価格で買えて収益化も望める「STORK19」がおすすめです。

あなたがほしいテーマで
いまよりも「収益」を伸ばしてみませんか?

STORK19の購入はこちら
→ 国産WordPressテーマ「STORK19」 |11,000円(税込)

THE THORの購入はこちら
→ THE THOR「ザ・トール」│次世代WordPressテーマ | 16,280円(税込)