アルバトロス・スワロー・ハミングバード・ストーク19の機能を比較|オープンケージの比較

【オープンケージ(OPENCAGE)】のテーマを比較! - アイキャッチ画像有料テーマ

オープンケージのテーマ「アルバトロス」「スワロー」「ハミングバード

そして、オープンケージ最新のテーマ「STORK19(ストーク19)

この4つのWordpressテーマは、
とてもリーズナブルなので、初心者でも手にとりやすく使いやすくなっています。

オープンケージの4つのテーマの違いとは、なにか。わかりやすく比較していきます。

比較して見える違いとはいったい……。

オープンケージの4つのテーマの値段の違い

ALBATROSS・SWALLOW・HUMMINGBIRD・STORK19の値段の比較のイメージ

アルバトロス、スワロー、ハミングバード、ストーク19。

この4つテーマの値段を比較すると……?

テーマ名値段
アルバトロス7,980円
ハミングバード7,980円
スワロー9,900円
ストーク1911,000円

オープンケージの最新テーマ「ストーク19」の値段が一番高いです。

値段が安いアルバトロス・ハミングバードと比較すると「3,020円」の差があります。

この値段の差には、
サポートや、SEO対策の違いが関係しています。

アルバトロスのSEO対策

アルバトロス(ALBATROSS)では、基本的なSEO対策の
メタタグ・ページ速度の高速化・AMPに、プラグインが必要になります。

SEO対策アルバトロス
メタタグ要プラグイン
高速化機能要プラグイン
AMP要プラグイン

アルバトロスは、SEO系プラグインを入れて
基本的なSEO対策を実装するので、手間がかかり、サイト自体を重くする要因となります。

ちなみに、プラグインを多く入れるほどサイト自体が重くなるので、
プラグインは最小限にとどめるほうが良いです。

アルバトロスでは、遅延読み込みやコード圧縮、AMPといった

「サイトを高速化するための機能」も、プラグインが必要なので

デフォルトの状態で使うのは、すこし難しいという一面があります。

スワローのSEO対策

スワロー(SWALLOW)のSEO対策も、アルバトロスと似ている部分があります。

SEO対策スワロー
メタタグ要プラグイン
高速化機能要プラグイン
AMP要プラグイン

スワローもアルバトロスと同じく
「メタタグ・キャッシュ機能・AMP」といった機能を使うためには、プラグインが必要です。

アルバトロス・スワローでも「AMP」に対応させるにはプラグインが必要ですが、

AMPを使う予定がない方は、AMPプラグインは省けるので、

SEO対策のプラグインのみで済みます。

ハミングバードのSEO対策

ハミングバードは、アルバトロス・スワローとくらべて値段が高いです。

SEO対策ハミングバード
メタタグ要プラグイン
高速化機能要プラグイン
AMP要プラグイン

値段は高いですが、

ハミングバードもSEO系のプラグインが必要な点など、アルバトロス・スワローとほとんど同じです。

ストークのSEO対策

ストーク19(STORK19)は、オープンケージの最新テーマで、

ほかのテーマと比べて、値段が高いです。

SEO対策ストーク19
メタタグ要プラグイン
高速化機能
・遅延読み込み
・非同期読み込み
・CSS圧縮
対応
AMP要プラグイン

STORK19は、遅延読み込みや非同期読み込みに対応しています。

この部分がアルバトロス・スワロー・ハミングバードとの違いです。

値段が高い分、必要なプラグインが減るので
サイト速度が遅くなる原因を減らせて、同時に手間も減らせます。

比較したテーマのSEO対策のまとめ

「アルバトロス」「スワロー」「ハミングバード」「ストーク19」

この4つのSEO対策を比較すると、

SEO対策メタタグ高速化機能AMP
アルバトロス×××
スワロー×××
ハミングバード×××
ストーク19××

値段が1番高い「ストーク19(STORK19)」には、高速化機能がありますが、その他はどのテーマも同じです。

「SEO対策にプラグインが必要」と紹介しましたが、

「テーマを変更するときに不具合がおこらないにするため」という理由があります。

SEO対策のプラグインを使うことで、
テーマを変更した際に、元のテーマで設定したSEO対策(タイトルタグなど)がそのまま保たれます。

なので、SEO対策プラグインを使うことで、テーマを変更した後の手間が格段と減るのです。

プラグインをいれるすこしの手間がかかりますが、安心安全にテーマを使用することができます。

4つのテーマのデザインの違い

今回紹介しているテーマのデザインは、特徴がそれぞれあり、
デザインに関する機能面も違います。

オープンケージのテーマは、すべて「モバイルファースト」になっています。

アルバトロスのデザイン

アルバトロス デモサイト 画像

アルバトロスのデザインはとてもシンプルで、初心者でも操作がしやすくなっています。

中央にある「海の写真」の部分はスライドショーになっていて、

注目させたい記事などを登録することで、アクセスを促すことができるのが魅力です。

収益化を促すためのランディングページを作ることができたり、

サイドバーがない「1カラムページ」も作れるので、特定のページに集中してほしい時に便利な機能が「アルバトロス」にあります。

スワローのデザイン

スワローのデザイン - イメージ

スワローのデザインの特徴は、ヘッダーロゴの下にある、大きなスライダーです。

アルバトロスのスライドショーも注目を集められますが、

スワローのスライダーは、大きなサムネイルで記事を表示できるので、

アルバトロスよりも注目を集められて、PVを伸ばしやすくなります。

スワローもランディングページに対応しています。

ハミングバードのデザイン

ハミングバードのサイトイメージ画像

ハミングバードは、サイトを開いたときにヘッダー下コンテンツが大きく表示されるのが特徴です。

また、ヘッダー下コンテンツに加え

スライダーも対応していてメニューも「日本語」と「英語」に対応しています。

アドセンス広告をサイドバー・SNSリンク下に配置が可能で、

ワンカラム固定ページ・ランディングページにも対応しています。

ストーク19のデザイン

STORK19 デモサイト デザイン

STORK19もヘッダー下に大きなコンテンツが表示されるほか、

ヘッダーメニューも日本語・英語に対応しています。

ピックアップスライダーや

・1カラムデザイン
・フルワイド
・ランディングページ

といった様々なデザインに変更することができます。

また、ヘッダーのアイキャッチを動画にすることもできるので、

アルバトロスや、スワロー・ハミングバードよりも、機能が豊富でおしゃれなサイトにすることができます。

テーマのベースになっているエディター

ALBATROSS・SWALLOW・HUMMINGBIRD・STORK19のエディターの比較のイメージ

アルバトロス・スワロー・ハミングバード・ストーク19では、

テーマのベースとなっている「エディター」が違います。

現在、Wordpressでサポートされているエディターは「ブロックエディター」で
「クラシックエディター」はサポートが終了しました。

アルバトロス・スワロー・ハミングバード・ストーク19で使われているエディターは、このようになっています。

テーマ名エディター
アルバトロスクラシックエディター
スワロークラシックエディター
ハミングバードクラシックエディター
ストーク19ブロックエディター

ストーク19のみが「ブロックエディター」に対応しています。

なので、テーマを使うときは
サポートが終了しているクラシックエディターを使っているテーマよりも

サポートがされていて、エディターが最新の「ストーク19」が推奨されています。

ストーク19は、ほかの3つのテーマよりも
SEO対策や機能面などが充実しているので、

アルバトロス・スワロー・ハミングバードよりも、

最新のテーマ「ストーク19(STORK19)」がおすすめです。

ストーク19でクラシックエディターを使いたい場合は、
「disable gutenberg」といったプラグインを使う必要があります。

オープンケージのテーマを使うときの注意点

オープンケージのテーマを使うときの注意点ですが、

テーマを1度購入したとき、1つのサイトのみで使える。

つまり、購入したテーマを複数のサイトでつかうことができません。

複数のサイトでオープンケージのテーマを使いたい場合は、もう1度購入する必要があります。

なので、複数のサイトの運営を考えている方は
オープンケージのテーマではなく、ほかのテーマを検討しましょう。

オープンケージのテーマは「STORK19」がおすすめ

ALBATROSS・SWALLOW・HUMMINGBIRD・STORK19のなかで がおすすめのイメージ

オープンケージのテーマ
「アルバトロス」「スワロー」「ハミングバード」「ストーク19」を比較しましたが、

機能が充実した最新のテーマ「ストーク19(STORK19)」がおすすめです。

オープンケージの公式も、ストーク19の使用を推奨しています。

ストーク19(STORK19)は、4つのテーマの中で値段が一番高いです。

しかし。その分機能が充実しており、サポートもされているので
ストーク19をおすすめします。

オープンケージのテーマは、
他の有料テーマにくらべて、コスパがいいテーマです。

手頃な値段で使えるテーマで、有料テーマデビューしてみては!!

STORK19の購入はこちら
国産WordPressテーマ「STORK19」|11,000円
アルバトロスの購入はこちら
WordPressテーマ「アルバトロス」|7,980円

ハミングバードの購入はこちら
WordPressテーマ「ハミングバード」|7,980円

スワローの購入はこちら
WordPressテーマ「スワロー」|9,900円

THE THORとSTORK19を比較した記事はこちらです。
→ THE THORとSTORK19の比較|機能・SEO対策を徹底比較